ぎっくり腰について

ぎっくり腰

ぎっくり腰と聞くと急に重いものを持ったり、腰に負担がかかるような激しい運動をした弾みで発生するというイメージを持つ人が少なくありません。

しかし同じような症状を伴うものの中には、様々な原因と症状があるため注意をすることが必要です。

ぎっくり腰だと考えて放置しておくと症状が重くなってしまい、場合によっては取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

さらに悪化すると最終的に動かなくなります

ぎっくり腰

特にぎっくり腰と誤りやすいのが、椎間板ヘルニアの症状です。椎間板ヘルニアは脊髄の1部がすり減ってしまいこれが神経を刺激するために痛みを伴う症状となる事ですが、この場合はぎっくり腰とは異なり安静にしておけば治るというものではなく、適切な治療と処置が必要になるため注意をしなければなりません。

その他にもぎっくり腰と誤りやすい神経性の腰痛や、またその他の生活習慣病の影響が出ることも多いものです。そのため、ぎっくり腰のような痛みを感じた場合には自分で判断せずに、当グループ院へご来院ください。

ぎっくり腰の治療ならのりさだ整骨院グループへ!

ぎっくり腰

ぎっくり腰は身動きがとれない、起き上がれなくなるなど、非常に辛い状態になる場合も多くあります。

辛いぎっくり腰に悩まされている方は、ぜひ症状を根本から改善に導くのりさだ整骨院グループの施術をお試しください!

のりさだ整骨院 店舗一覧はこちら

店舗一覧