坐骨神経痛について

坐骨神経痛

坐骨神経痛は加齢による筋力の低下や、それに伴う姿勢の変化などによって引き起こされます。

それだけではなく普段の習慣によって姿勢などが長時間同じ状態で続くことにより、骨のズレや筋肉繊維の圧迫などによって引き起こされることが知られているのです。

原因は一つだけではなく複数の要因が積み重なって起こることが原因と症状になります。

軽度な交通事故で坐骨神経痛を発症する例も多い

坐骨神経痛

例えば交通事故などによって末端神経が傷付くことにより、坐骨神経痛を呼び起こしてしまう可能性が少なくありません。

軽度な交通事故ではむち打ちや打撲になる人も多いですが、坐骨神経痛を発症する例も多いのです。また仕事などで重い物を運んだり、しゃがんだ瞬間に椎間板ヘルニアを起こしたことによる合併症状として坐骨神経痛を患う人もおります。

こうして日常的な動作や事故などのトラブル時をきっかけとして、坐骨神経痛になる人が少なくありません。予防法としては、胡坐など関節に負担のかかる座り方をしない。重い物を持つ時にはサポーターなどを使用する。といった方法で予防効果があるとされております。

また同じ姿勢をしていることが多いなら、15分に1回など回数や目安を決めて背筋を伸ばしたりストレッチをすることで筋肉をほぐし坐骨神経痛を予防する効果があるのです。

坐骨神経痛の治療はぜひのりさだ整骨院グループへ!

坐骨神経痛

長期間痛む坐骨神経痛は快適な日常生活を送ることを妨げます。強いストレスにも繋がりますので、腰部に痛みを感じたらすぐに当グループ院へご来院ください!

根本から改善する施術で、患者様のお悩みの症状を改善に導きます!

のりさだ整骨院 店舗一覧はこちら

店舗一覧