腱鞘炎について

腱鞘炎

腱鞘炎とは腱(筋肉と骨のつなぎ目)が通る腱鞘(けんしょう)といわれる部分が炎症を起こし、スムーズに腱が腱鞘 を通過できなくなることです。

腱鞘炎の一種であるドゥ・ケルバン腱鞘炎を例に症状を紹介します。

ドゥ・ケルバン腱鞘炎は、親指側の手首が腫れあがり、物をつかんだり握ったりなど主に親指を使った動作をすると強く痛む症状です。

さらに悪化すると最終的に動かなくなります

腱鞘炎

さらに悪化すると、付近の指の腱鞘にも影響が生じ、最終的に動かなくなると言われています。 原因は近年発展し続けている、情報社会化にあります。

スマートフォンやキーボードの長時間使用により、指、手首を使いすぎてしまい腱と腱鞘が擦り合うため、炎症を起こしてしまうわけです。また、スマートフォンによる痛みは手首・指だけに限りません。スマホ首やスマホ老眼、スマホ肘も筋肉の酷使による負荷で生じる症状だと言われています。

情報関係以外でも、ピアニストや手首を使ったテニスなどの指や手首をよく使う職業でも腱鞘炎になることがあります。

腱鞘炎でお悩みならのりさだ整骨院グループへ!

腱鞘炎

腱鞘炎を患ってしまうと日常生活もそうですが、特にデスクワークで仕事をする方にとって勤務中非常につらい時間となります。

辛い腱鞘炎に悩まされている方は、ぜひのりさだ整骨院グループへご来院ください!症状を根本から改善に導きます。

のりさだ整骨院 店舗一覧はこちら

店舗一覧